03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

season2011 week4  ベアーズ、パンサーズに辛勝 

CAR 29 - 34 CHI

昨シーズンはエースQBカトラーが欠場アウェーでも楽勝だったCAR戦。
しかし、今季はホームでも大苦戦だった。
というよりも、チームとしての爆発力はパンサーズの方が上だったかも?
まず、勝因は3つほど。

1.スペシャルチームの活躍
 ベアーズのスペシャルチームは本当に「スペシャル」。補欠集団じゃないんだぜ?
2.ディフェンスが要所で踏ん張った
 INTして、TDするまでがディフェンスの仕事です(お
 …だって、うちのオフェンスだと点が入りそうにない雰囲気だしな(-_-;
3.パンサーズが自滅
 TEショッキーのオフェンシブ・パスインターフェアレンス
 FG圏内でのワイル・ドキャットイリーガル・フォーメーション→5yard罰退でFG圏外

こんなところだろうか。
とにかく、ベアーズが「勝つべくして勝った」とは言い難い内容だった。
それでは、毎度の反省会。勝っても負けても反省会、というのが今季を象徴しとる。

オフェンス
やれやれ、またOL崩壊だぜ…
とか思ったら、意外とOLが堅牢になっていた件。
メンバー的には、
 Cガーザ LGウィリアムス RGスペンサー LTウェッブ RTオミエレ
期待の新戦力RTカリミRGルイスを欠く中、NO戦やGB戦では崩壊気味だったOLが仕事していた。アサイメントミスもほとんど無かったし、パスプレーの時は充分にポケットが保っていたし、ランプレーの時はしっかりと相手DLをコントロールしてホールを穿てていた
そりゃ、強力無比とはいかないけど、充分に及第点の出来だったといえる。
そして、これに乗じたのがRBフォルテ。キャリアハイの205yardラッシュ… どんだけ荒稼ぎするんだよ(^^; ベアーズの総獲得yardが317だったので、ほぼ2/3をフォルテのランで稼いだことになる。ちなみに、フォルテは当然のごとくパスでも23yard稼いでおり、しめて228yard。マーツOCが就任した時から「マーシャル・フォーク2世」と期待されてきたけど、かなり遜色のない活躍が出来るようになってきたのではなかろうか。フォークは、同僚にWRホルトやWRブルースがいたけど、フォルテは孤軍奮闘していることを考えるとかなりの活躍だと言える。もちろん、OLのサポートがあればこそだけど。また、RBバーバー復活がありがたい。ショートyardだとこいつでゴリゴリ押していけるので戦術の幅が増した。
で、終わってるのがQBとWRたちな。
WRウィリアムスもコース取りとか相手セカンダリーとの駆け引きは上手いと言えば上手いけど、相手CBがしっかりとマークに付かれると振り切るのに相当時間がかかるし、WRノックスWRヘスターはそもそも相手と競り合えない気がしてきた。で、何がヤバいかってQBカトラーのパスの精度。洒落にならないくらい低い。パスの精度もあるけど、判断の遅さも気になる。ポケット内での動きは移籍当初の方が良かったんじゃないか、とさえ思えてくる。相手QBニュートンはプレイの雑さが指摘されていたけど、カトラーは「雑なだけ」という感じ。シカゴではカトラーの能力に疑問を抱くファンが多いとか。自分は当初は「オフェンスの不振はカトラーが主要因ではない」と思っていたけど、考えが改まりそうだ。

ディフェンス
新人QBニュートンやられたい放題
とにかく、こいつはかなり冷静。いわゆるアスリート型の黒人QBにありがちなせっかちさというのがほとんどない。ヴィックほどではないにしても機動力に優れている、耐久性と体格、肩の強さやパスの精度ではヴィックを大きく上回っていると感じる。ブリッツが入っても冷静だし、タックルされてもすぐには倒れない。少なくとも、グロスマンよりは冷静に対処しているし、カトラーよりは察知能力が高い。お陰でサック無し。こいつはホンモノじゃないだろうか。CARは良い選手を引き当てたと思う。
ただ、CBD.J.モアがINTリターンタッチダウン(お膳立てはOLBブリッグスだったが))を奪ったり、DEペッパーズFGブロックしたりと見せ場はしっかりあったし、3rd downコンバージョン2/12という点でしっかり要所を押さえられた、というのを数値で証明しているだろうか。かなり際どかったが。気になったのはCBジェニングスのパスカバーくらいだろうか?個人的にはCBボウマンの方が安心感がある気がする。

スペシャルチーム
やったねヘスター! これでパントリターンTD部門でもAll-timeのリーダーに。
この間のGB戦でも過剰なほど相手に警戒されているはずなのに、ここまでやるとは… もう既に勝敗を左右するほどの決戦兵器になっているな。ここまで活躍できるなら、もうWRとしては活躍できなくてもいい気がしてきた(お

ちなみに、week5は全米が注目するマンデーナイト
対戦相手は今季のダークホース、DET。地区優勝を狙うにしろ、WC狙いにしろここで直接叩いておかないと圧倒的に不利になる。何せ、既に2ゲーム差開いているので(-_-; 昨季までなら戦う前から6割くらい勝った気でいられたのだが、今季はどう考えても戦力的に向こうが上。特にスタッフォード→メガトロンのホットラインがヤバそう。
まぁ、負けるにしても恥ずかしくない試合をしてほしい。
 獅子一匹にこ、こんなにてこずって、ぜ、全米が見てるんだぞ、全米が!
と、ならないことを切に祈る。
2011/10/05 Wed. 04:28 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/132-5f113082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。