03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

生存報告 

更新する暇とか、アニメ見る暇もあんまりなかったので。
来週も暇ないけど。で、23日は法要… これはまた厳しい月になりそうだ。

最近めっきり少なくなった読んだ本とか、MADとか
『「海洋国家」日本の戦後史』(宮城大蔵・ちくま新書)
戦後アジア史恰好の入門書
敗戦を機に「国際政治」の舞台から降り、「国際経済」に特化して発展してきたと語られがちな日本の戦後外交についても、いわゆる通説とは違った切り口で捕らえてあって非常に新鮮だった。まぁ、こっちの方が実像に近そうだが。…そう考えると、歴代の自民党内閣仕事だけはキッチリしていた、ということか。仕事以外の余計なこともしていたが。で、
 仕事が出来ないくせに余計なことばっかするのが民主党内閣
だが。前原とか、高坂先生の弟子とは思えないほど鈍くさいしな~

『とある飛空士への夜想曲(下)(犬村小六・ガガガ文庫)
――この戦争に天ツ上が敗れようが。
――俺は空戦では負けない。
――待っていろ、海猫。
――必ずお前を、この手で海原に叩き墜としてやる。
(p.166より)
まぁ、どこかで読んだ文章だ、とかは言わないお約束。
三機編隊で敵軍艦隊(基地直上)で宙返り → 敵軍からの手紙で発覚 → 上官から大目玉
とかもツッコんじゃダメなのは判っているけどニヤニヤしてしまう。
しかし、「追憶」が生み出した狩野シャルルファナ・レヴァームも強烈なキャラクターだったけど、「夜想曲」の生み出した千々石武夫水守美空も強烈なキャラクターになったものだ。個人的にはハルゼーバルドーが気に入ったけど。やや仮想戦記風な仕上がりになってしまったけど、「追憶」が好きな人にはオススメ。「恋歌」がイマイチ不完全燃焼だったのだが、それを吹き飛ばす出来だった。

「ストライクウィッチーズ」もこんなハード路線で作り替えても良いかもしれない。

…「戦闘 みらい」とも合ったけど、これもいけるな(お
2011/10/11 Tue. 04:12 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/137-f8ff0436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。