09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

season2011 week9 ベアーズ、逆転勝ちでイーグルスを下す 

CHI 30 - 24 PHI
思った以上にタフな展開だったが、とにかかく敵地で勝利。
しっかし、地区優勝して引き当てたのが @PHI と vs.SEA というのはラッキー? 
ちなみに、ESPNexpert picks(week9)によるとこんな感じ
まさに、
 全米がウチの敵やー!!
状態と言えよう。咲夜さんの登場シーンが少なくて最近不満なだけかも知れない(お
まぁ、マジで答えると
 アナリストの試合前予想=人気投票と同じ だと思うけどな。
まず中らない。てか、スタッツばかり見ているファンタジーフットボールが好きなアメフトオタと同レベルなような気がしてきた。全員が全員イーグルス勝利と読んだ根拠が判らない人気以外で。スタッツで試合するのはファンタジーフットボールだけなので、そっちの解説に専念してほしいね。

では、このへんで本題に。

CHIオフェンス vs. PHIディフェンス
DEジェンキンスをはじめ、強力なパスラッシャーを擁するPHIがQBカトラーをサックしまくるのかと思いきや、カトラーは被サック0。これはベアーズ移籍後2試合目だとか。OLは格段に安定していたし、パスプロテクションだけではなくランブロックでも充分に仕事が出来ていた気がする。また、強力なパスカバーを見せると予想されたアソムハ&サミュエル&ロジャースクロマティのセカンダリー陣も、それほど脅威を感じなかったり。ぶっちゃけ、NFLレベルで評価すればCHIのWRたちはさほど競り合いに強くないタイプばかり(生え抜きならWRベネットがまし?DALを解雇されたWRウィリアムスがましに見えるレベル)なのに、彼らを完封できない、という時点で「Dream Team」としてはいろいろ失格かも。もちろん、CHIのパスプロテクションが予想以上に堅牢でプランが狂ったのかも知れないが。
また、2度のファンブルロストを犯すなどシュアハンドぶりに疑問符が付いてしまう結果になったRBフォルテだが、どうあれランだけで100yard以上を稼げたのも大きかった。ただ、聞いていたほどPHIのランディフェンスが悪くなかったのが印象的だった。というか、むしろ優秀な部類じゃないだろうか?
OGから急遽コンバートしたRTルイスが予想以上にフィットしているのも大きいが、今週はやはりWRベネットの復帰が大きかったか。派手さはないけど堅実そのもの。逆に、WRサンゼンバッカーはやはり活躍できなくなってしまったな~ これは仕方ないことだと思うが。
あとはQBカトラー自身の健闘も讃えねばなるまい。本当によく動き回っていたし、カッカすることなく上手くゲームをマネージ出来ていたかと。ファイト溢れるプレイは相変わらずで、特に4qではパスラッシャーに追われて躓きながらもランニングパスを決めるなど闘う姿勢には非常に好感が持てる。
…正直、この結果(嫌われている選手best10にカトラーがランクイン)には納得がいかない。カトラーは犯罪者でもないし、他チームの選手を非難したり差別的な発言をしたことはないはず。…少なくとも、公には。OCマーツに無茶苦茶汚い言葉を吐いていたらしいけど… 気持ちは判るよ、あれだけサックされまくったら。で、逆にこの結果(DTスーが好かれている選手best10にランクイン)にも納得がいかない。あそこまで必要以上にプレイがラフで、相手に敬意を表せない選手が好かれているとか、何かの悪い冗談としか思えない。

CHIディフェンス vs. PHIオフェンス
世間の皆様はQBヴィック大活躍とかRBマッコイのラン爆発を期待していたようだけど、そうはならなかった。ただ、印象的だったのはPHIのOLがかなり堅牢だったことか。後半になるとさすがにCHIのfront-4に食い破られていたけど、前半はかなりパスプロテクションが保っていたのだが、ヴィックがエンドゾーン前でNTを献上してくれたのが大きかった。DEペパーズが頑張ってくれているので、一時期心配されたDL崩壊はひとまず回避されそう。DEイドニジェも良い仕事していたし、安定したユニットとして今後も期待できそう。
LBブリッグスLBアーラッカーは存分にスピードを発揮してプレイを潰せていた。そのLB陣とともにビッグプレイを封じていたのがSコンティ。凄く判断が良いというか、プレイを読んで動けている気がする。ひょっとしたら、今年のドラフトって大成功じゃ?逆に、Sライトは判断やアサインメントのミスが多いのが気掛かり。正直、あまり頼りにならない気が。でも、Sハリス無きいまはこいつか劣化しまくったメリウェザーしかいないのだから

スペシャルチームズ
これは素直に認めよう、うちの完敗。
本当にWRヘスターをよく研究していたと思う。Kゴールドが直接KOをアウト・オブ・バウンズに蹴り出すなどミスが重なったし、ヘスターが走れなかった。走れないなら走れないでいろいろと手はあったと思うのだが、そうした打開策が講じられることはなかった。まぁ、余計にひどいことになっていた可能性も否定できないが。
ただ、PHIはパントフェイク→パスのトリックプレイ不発だったのが痛かっただろう。あれは完全にCHIは油断していた。Pのボールがもう少し伸びていれば危うかっただろう。いかに大学時代にQBだったとはいえちょっと無理ゲーっぽい気もするので同情しちゃう。

これで5-3。次節、VS.DET。
MNFの借りを返して、獅子を追い抜きたいところ。
2011/11/09 Wed. 03:04 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/158-832344c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。