09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

今日の散財 

しばらく報告を怠っていたらとんでもない物量になってしまった(-_-;
『天帝のはしたなき果実』(古野まほろ・幻冬舎文庫)
tentei
『六番目の小夜子』っぽいノリを期待しているのだが良いのだろうか?
…まず、この分厚さが何とも言えないのだが。

『ヒトラーの側近たち』(大澤武男・ちくま新書)
advisers of hitler
今日の国際情勢を考えると、もっと過去の研究が為されても良いと思うな。
記者クラブでよろしくお遊戯やっている今の日本のマスコミには期待できない。まぁ、記者クラブ制に反対している連中も程度が低いのばっかりだからどうしようもないけど。

『逆賊と元勲の明治』(鳥海靖・講談社学術文庫)
meiji
明治維新史の入門書としては『未完の明治維新』(坂野潤治・ちくま新書)が一番かな?
個人的には維新期の「三傑」も興味深いけど、その後の伊藤・山県・陸奥らの評価がイマイチ高くないのが気になるけど。

『アド・アストラI スキピオとハンニバル(カガノミハチ・ヤングジャンプコミックス)
ad astra01
ハンニバルではなく、スキピオが主人公っぽい?
人の感情など持ち合わせていない癖に誰よりも人の感情を掴むのに長けた人物、としてハンニバルが怪物のように描写されているのに対して、スキピオは凄く普通。まぁ、ローマ貴族とは思えないくらいのプラチナブロンドだが。スキピオがラテンというよりゲルマンのような体格・髪だということ以外、凄く良い。

『のうりん2』(白鳥士郎・GA文庫)
no-rin02
1巻は読了。何というか、基本ギャグだけど意外と真面目に農業・畜産業を語っている部分もあってどう評価すれば良いのかさっぱり判らない。あと、ネタ的にもどのへんの年代をターゲットにしているのか判らない(^^; 

「カンピオーネ!」3~10巻(丈月城・集英社SD文庫)
campione03campione04campione05campione06
campione07campione08campione09campione10
4巻途中まで読了。
これを日本神話でやれば結構面白いかも知れない。

Blu-ray Disc あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。6巻」完全生産限定版仕様(Aniplex)
anohana bd06
#10「花火」 #11「あの夏に咲く花」収録。
マラソン完走。いや、お涙頂戴のありふれたお話だとは思うけど、個人的には多いに気に入っている。最終話まで見ると良いんだけど、途中で見るのを中断するとテンションが下がってしまうと言う欠点がっ。

DVD だぶるじぇい」(キングレコード)
double-j dvd
エイラはじめが可愛いので勝ってしまった。後悔はしていない
2011/11/24 Thu. 01:32 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/166-42855c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。