03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

ニュースの詰合 

歴史映画ドラマフィクションとして楽しむものだよな?
少なくとも、「どこまでが史実だろう?」注意力を働かせるのがまともな人間だと思うが…
2012年新春、ネットは反日のあらし
産経とは思えないくらいまともな記事
この韓紅なる女優は、
 「日本人!中国人はおまえらの永遠の敵だ。釣魚島(日本名・尖閣諸島)に触れようと思うな。
  今後、おまえらの製品は二度と買わない」

とミニブログに綴ったようだ。
日中が不倶戴天だというのは大いに同意する。が、致命的に歴史の勉強が不得手な方のようだ。中共というよりも中国の語る「歴史(リィ・シィ)」は史実とイコールではないことに考えが至らないようだ。かつて中共は「尖閣諸島」を公に認めていたし、日本の北方四島領有も肯定していた。ご存じのように、いまやどちらも認めていないが。要するに国家権力の都合の良いように解釈が翻るのが中国人の「歴史」である。これはまともな歴史教育を受ける機会がなかった哀れな中国人に向けて、というよりも日中友好とか寝言をほざいている日本人に向けて言いたいことだが。
まぁ、個人がどういう思想信条を持とうが自由だと思うが、
 映画と現実の区別をつけろ
と言いたくなる。この程度のオツムだというのは恥ずかしい…
とか、思ったらこの韓紅はどうやらチベット族出身だとか。そうなると、計算尽くの可能性もある。要するに改宗ユダヤ人の方がユダヤ差別が激しく露骨だった、という様な例に近いのかも知れない。まぁ、商売のためのパフォーマンスなのだろう。…ホンモノのバカなのかもしれないけど(-_-;

ただ、引用元の記事にあるとおり、この映画を中共が黙認している事実を重く受け止めた方が良いだろう。中共は民主集中性を維持する為に国内での求心力を高めるべく、再び苛烈な反日教育に舵を切った、と受け取ってよいだろう。圧倒的な国力差があるならまだしも、喧嘩腰の相手と仲良くする義理はない。「喧嘩しない」程度のつきあいに留めるべきだろう。

しかし、張芸謀にはガッカリさせられた。
もう少し骨のある「芸術家」なのだと思っていたが、所詮は全体主義国の提灯持ちだったようだ。

まぁ、欧米諸国では酷評されまくっているようだが。
南京大虐殺描くチャン・イーモウ監督新作、「リアリティない」と米国では大不評―SP華字紙
諦めるな、張芸謀!
きっと、俺達のごろつき新聞社ニューヨーク・タイムズが応援してくれるよ!
…わりと真剣にタイムズがどういう記事を書くのか気になる。

まぁ、捏造記事書くのはお手の物の毎日新聞さんも飛ばしている。
捏造とは言わないまでも、偏向ぶりがもの凄い。全国紙でこのレベルはさすがに不味いのでは?
平気でこういう記事書く新聞社だと言うことを忘れずに。

米海兵隊ダーウィン駐留:5年前、豪が提案 同盟象徴の地
う~ん、ツッコミどころが多すぎて論評に困る。
ぶっちゃけ、今からでもフィリピンスービック基地を復活させるあるいは別の軍港を米軍に提供する可能性はあるし、ベトナムにしたってカムラン湾をロシア・アメリカに開放する気満々である。米軍としては受け入れ先には困っていないはず。基地供与国との装備の共通性や練度を考えるとオーストラリアが最も効率的、というだけであって、他に受け入れ先がないわけではない
そのへん、判った上で曲解して書いてるのか、不勉強なのか、お馬鹿さんなのか。
変態毎日新聞さんの考えることはよく判らない

まぁ、利害が共通している部分もあるよな。例えば北朝鮮問題。
日本としても北朝鮮は当面は存在してくれた方が好都合ではある。主に緩衝地帯的な意味で。

…しかし、この体たらく
北朝鮮、日本にも食糧支援を要請
…保たないかも知れない(-_-;
2012/01/12 Thu. 02:19 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/211-a68b3ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。