05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

『ひきこもりの彼女は神なのです。』既刊読了 

サクサク読める。
HJ文庫だというのもあるし、文章が比較的よく練られているのもある。

紅南寮の連中が、俺でも知っている大物ばっかり
主人公・名塚天人の起居する紅南寮の面々はビッグネームばかり
それ以外の登場人物の中にも、明確なモチーフが存在するキャラクターが多いと思われる。が、作中では神様の名前がずばり明かされることがないのが『カンピオーネ!』との違いだろうか。従って、あくまでカレリヤの憶測であって、外れていた場合はご指摘頂けると幸いである。

もちろん、ほぼネタバレ。




【紅南寮】
・氷室亜夜花 …ヘル(冥界神・北欧神話)
メタルダー半身赤・青兄弟に"大蛇"がいるなどから、これはほぼ間違いだろう。
ただ、兄弟以外は北欧神話系のキャラクターが登場してこないので少し不憫な気もする。

・ウルリカ …ケルベロス(地獄の番犬・ギリシア神話) 
でかい犬甘いものが好きなどから。
亜夜花つながりで北欧神話系のフェンリルあるいはガルム、とも考えられるが…

・柚原千那 …アトナ(バアルの妹にして妻・ウガリット神話)
ブラコン、得物がヤグルシなどから。これもほぼ間違い無しだろう。

・柚原万那 …アスタルテ(バアルの陪神・ウガリット神話)
得物がアイムール、千那がアトナなら妹はこれしかない。
ただ、万那の多面性やトリックスター的な要素は同一視されるイシュタルを彷彿とさせる。

・和泉リョウタ …ベリアル(堕天使/悪魔)
無価値」の称号、また堕天使であることから。
個人的には、コウタ&リョウタでもラノベシリーズが展開できると思っている。

・御子神てとら …?
正体不明。ただ、リョウタとの会話や主人公との関係から、(キリスト/ユダヤ系)?

【その他】
・氷室海人 …ヨルムンガンド(大蛇・北欧神話)
ヘルの兄弟から。これもほぼ間違いない。

・細屋 …八岐大蛇(水神・日本神話)
多頭の蛇日本で結構有名、貢ぎ物食ってたら襲われた、などから。
これもほぼ間違いない… のだが、こんな大物だとは思わなかった(^^;

・鷲住先生 …ゼウス/ユピテル(最高神・ギリシア/ローマ神話)
雷霆使い、好色などから。
でも瀬名先生が好み、というのは俺もよく判る。

・鷲住透夏 …ヘラ/ユノー(最高神の妻・ギリシア/ローマ神話)
父親?との関係からほぼ確実。あと嫉妬深い(お


千那とかリョウタもとても人間社会に溶け込める感じがしない…。あと、個人的には細屋が怖かった。親友ポジションをとっておいて、あのキャラクターはある意味革新的だと思う。てか、これまで主人公に向けてきた喜怒哀楽の感情が全て擬似的なものだった、と考えるとある意味ホラー。
これまでの、彼の空気読めないっぷりで伏線がはられていたので文句は言えないが(お
まぁ、マジでホラーなのは梨玖ちゃんだけど。
上記の面々は出自が出自なので人間的な感覚から隔たってしまうのは致し方ないのだが、この子は出自が人間だとは思えないぶっ飛び具合。容姿とも相まって、そこに痺れる憧れる、というファンも多いかも知れないが。
2012/03/11 Sun. 14:06 | trackback: 0 | 本文: 2edit

この記事に対するコメント:

>ウルリカ=ガルム
亜夜花との関係でいけば、これで確定でしょうね。
ただ、伝承でケルベロスが甘いもの好きだった記憶があったので…
調べてみたら、その通りでした
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AD%E3%82%B9

>てとら=唯一神
あと、神話と違って現在でも世界で絶賛流行中のカルトなのでストレートにかけなかったか。
ラノベ作品でも扱いがいろいろですよね、キリスト教。
・「境界線上のホライゾン」=ツァーク教
・「とある魔術の禁書目録」=十字教
・「アスラクライン」=直接言及せず(ローマの~、商工者の~、女王陛下の~)
まぁ、ずばり言っちゃっている作品もありますが(^^;

>八岐大蛇
竜蛇神=水神
というのは、各地に伝承で残っています。ちなみに、私の地元にも。
「神様ドォルズ」に登場したクラミツハと同じように誕生したクラオカミを祭っていた神社があった、と考えられる伝承が残っていたり。いずれも竜神あるいは蛇神です。地元の地名にも「蛇」に因んだ地名が結構残っていますし。
有史以来氾濫を繰り返してきた暴れ川があるのですが、水利に恵まれ、作物の味が非常によい(専売制になる前はタバコの葉にも非常に高値がついた)のですが、引き換えに水害三昧でしたが。

>細屋
たとえば、細屋が邪悪な存在で主人公たちを騙そうと思ってこういう風に擬似的な人格を形成しようとしていた、というのなら判るのですが… こいつ、悪気とかは全くないし、人間を見下しているわけでもないんですよね。そのへんが非常に怖いというか、不気味というか。ただ、ちょっと哀しい感じもしますが。そのへんのちょっとしたスパイスがこの作品の魅力なのかも知れません。

>梨玖
いろんな意味で「動かしやすい」ので作者のお気に入りなのかも知れません。
出自が人間ですから、感覚としてはコウタと並んで主人公に近い存在というのもアドバンテージなのかも。2巻では万那が負っていた役割を、梨玖がこなすようになってきている感じでしょうか。

総合すると「神様」連中だと万那や鷲住親子が人間社会に一番順応している気がします。

>瀬名先生
個人的には
 「どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!」
という気もしますけど。学年主任も責任を問われて然るべきというか、児童が見ている前で担任叱るとか、素人同然でしょう。

と、美人に甘い俺が妄想していた訳ですよ(お

カレリヤ #- | URL | 2012/03/12 08:56 * edit *

基本、と登場人物たちは有名所が多いいので、知らなくても作中に出てくるキーワードで検索するとほとんどわかりますね。
私がわからなかったのは、てとらさんとウルリカですか。

てとらは「唯一神」と代行者が天使ということぐらいなので、おぼろげにはわかるのですが確信を持つまでには行かなかったです。

ウルリカはたぶん一巻の成島のセリフから、それも亜夜花の正体のヒントになるぽいので亜夜花とセットの存在ということでガルムじゃないかと思ったのですが、やはり確信はできないです。

ちなみに細屋は私も意表を突かれましたね。
まさか、今までのが全部作っていた反応だったとは・・・・
ただ、基本的に悪い奴ではないようなのでほっとしましたが、真相がわかるまではまさに騙された気分でした。
ちなみに正体はまず100%八俣大蛇でしょうが、多頭の蛇(龍)については類似した伝説が各地にあって、私の地元にもちょっと似たようなのがあります。
まあしかし、いちいちそんなマイナーなのはもってこないでしょうから、普通に八岐大蛇でいいんでしょうね。

>梨玖
ある意味人間だからこの境地に行けたと言えなくも無いです^^;
人間も狂うととことん怖いですからねぇ。
神様みたいに直接的な力がない分、精神的にいろいろと怖い方向に行くのが・・・・まあでもキャラとしては話を盛り上げてくれそうで、今後の活躍に期待していますけど^^;

>瀬名先生
絵的には好みです^^;
というか細屋の反応とか、本当に演技には見えないのですが。

雪翡翠 #leF2ecbc | URL | 2012/03/11 18:56 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/263-9779db2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。