05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

ニュースの詰合 

いろんな意味で通常運転中。
しかし、マスコミの偏向報道っぷりがハンパない。
記者クラブ制度の弊害だよね~
まぁ、記者クラブに反対している報道関係者もロクなのがいないけど(-_-;

問題になったのは、毎度お粗末な答弁を繰り返す田中防衛相
読売新聞は以下のように報道した。
田中防衛相の答弁に自民反発、再三中断…参院委
全文引用するが、知的財産権を有する権利者からの申し立てがあった場合は削除する。

参院予算委員会は12日午前、航空自衛隊が導入を決めた最新鋭戦闘機「F35」(米英などが共同開発中)に関する田中防衛相の答弁に自民党が反発し、約10分間の休憩を含めて、たびたび中断した。

 自民党の山本一太氏が、F35の価格が高騰した場合の対応などを質問したが、防衛相が明確に答弁していないとして問題視した。

 これに関連し、防衛相は同日の同委で、F35について、「購入できないとは今考えていない」と述べた。2月29日の衆院予算委員会で、F35の価格が高騰した場合に調達契約を取りやめる可能性に自らが言及したことを釈明したものだ。
引用終了。
これだと、まるで自民党が横車を押しているようだが、どうやら実態は違った様子。

田中防衛大臣の答弁が「酷過ぎる」
引用開始
12日、参議院予算委員会質疑における田中直紀防衛大臣の答弁が「酷過ぎる」として話題になっている。

その内容とは、現在開発中のステルス戦闘機「F35」の契約に関する答弁だ。

田中防衛大臣が、価格高騰の見込みがある「F35」を購入できない可能性に言及したところから議論は始まった。自民党の山本一太議員が「買えない場合、どうするのか」と追及したところ、田中防衛大臣は「困る」「万が一、買えない場合のことは考えていない」と答え、想定の甘さを露呈する結果となった。

この質疑を受け、ネット掲示板では質問に的確に答えられない田中防衛大臣に対して批判が殺到。「放送事故みたいなもの」「前代未聞だろ」など、怒りを通り越して呆れかえったユーザーも目立つ。

また、山本議員の「ステルス戦闘機F35が1機90億以下なら買うのか」という質問に対して、防衛大臣は「4機で600億以下なら買う」と返答し国会は紛糾。国会中継は中断、NHK解説委員が中断原因を解説する異例の事態となった。

田中大臣が「4機で600億以下なら買う」と返答したことに対して、ネット掲示板では「購入限度額を公表しちゃマズイだろ。1機100億程度で買えるものを150億で買わされるハメになるぞ」「民主党のせいでゴミ戦闘機をかつてないほど高額で買わされる」「軍事の素人に防衛大臣をやらせるな」など、さらなる批判が続出。「日本は終わった」など日本の国防を憂う声も多数見られた。
引用終了。
…酷いというよりも、国務大臣としてはおろか社会人としてさえ通用しない低脳ぶりだ。
鳩山元首相も知能に深刻な障害を負っているように見受けたが、民主党にはこういった手合いしかいないのだろうか。自民党にもクズはいっぱいいるけど、民主党はそれに輪をかけて酷い。何というか、政治家として云々というよりも、人間として欠けている部分が大きすぎる気がする。
NHKも、放送を中断すべきではなかったのではないか。え、外国に気取られる?
心配するな、
 日本の国会議員がアホ揃いだというのは、とっくに外国の諜報部に知れ渡っている
から。むしろ、こうした事態を国民に周知徹底すべきだろう。


で、もう一件。
東アジア共同体構想は「戦略的愚劣」 米政府元高官が回顧録
マスコミがウケを狙って孫崎享のようなアホを起用するのは勝手だけど、こいつが鳩山のブレーンを務めていたのだから… マスコミには能力の高い人間がいっぱいいるはずなのに、どうしてそういったことが判らないかな~。もちろん、いろんな意見があることは良いことだけどね。
ただ、鳩山が不世出の愚物であったことはしっかりと周知徹底すべき。


中国、支援評価されず不満…トモダチ作戦の陰で
は、中共の浅ましさは日本・米国以上だな~
日本国民は確かに愚かだけど、自分たちを敵視する国を友邦だと思うほど鈍くはない。
「大虐殺否定罪」を提案 中国全人代代表
話し合いの通用する相手だとは思えないけど…
いや、現として中共が存在する以上、どういう形にしろ付き合っていくしかないのだが。
ただ、仲良くは出来ないな。「戦争しない」程度に適度に距離を保つべし。仕掛けてくるようなら、中共との軍拡競争を受けて立つしかない。残念ながら、それ以外に戦争を避ける道はない。どっかの一兵卒議員みたいに、中共詣でしても事態は改善しない。
2012/03/13 Tue. 02:52 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/264-53ab4f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。