09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

season2012 ベアーズ、FAでWRマーシャル、控えQBキャンベルを獲得 

FA市場解禁をもって、season2012が正式に開幕!
そして、毎度積極的にFA補強に動くベアーズらしく、さっそく派手に動いた模様。
狙っていたSDのWRジャクソンが高額化したからか、争奪戦から撤退。
別の方策を打ってきた。

Dolphins ship WR Marshall to Bears in blockbuster trade
MIAのWRマーシャルと引き換えに、CHIがドラフト3巡指名権2つ(2012・2013年)を譲渡。
ただ、2012年の3巡指名権は昨年にTEオルセンを放出した見返りに得ているのだがな~
そう考えると少し複雑な気もする。
しかし、かつてDEN時代に強大な破壊力を誇ったQBカトラー→WRマーシャルホットラインが真価を発揮するなら、堅牢なディフェンスや堅実なスペシャルチームと合わせ、一気にNFC北地区のダークホースになれる。

QB-RB-WR trio provides Bears with potent and balanced punch
ブッキー・ブルックス氏の記事。
サイズ・スピード・キャッチ力を兼備したエースWR獲得によって、RBフォルテの活躍の幅がより広がる、としている。オフェンスの爆発力が増せばディフェンスの時間が短くなり、体力的な負担が小さくなればディフェンスのターンオーバー生成能力も向上するだろう。この通りになれば、確かに嬉しいな~
難点はマーシャルの性格だろうか。ベアーズはかなり規律正しいチームなのだが、それでも自分勝手なマーシャルがチームを掻き回す事態になってしまう危険性もある。

また、昨年バックアップQBの重要性を思い知らされたからか
Bears reach terms with Campbell to back up Cutler
OAKからQBキャンベルを獲得する模様。
飛び抜けた支配力を持った選手ではないけど、先発級の実力はある。
バックアップとしては贅沢すぎる選手である。控えQBにヤングを獲得するのでは、という憶測もあったがヤングよりもキャンベルの方が安定感があるので個人的には歓迎。あとは、ディフェンスの梃子入れか。

ただ、パスラッシャーとして狙っているDE/OLBのマリオ・ウィリアムス争奪戦はBUF優位とのこと。充分にサラリーキャップの空きはあるのだが、果たして争奪戦に勝てるか… WRと控えQBを獲得できたので、ひとまず成功と言えるが、エースレシーバーとパスラッシャーが確保できればFA補強は大成功と言えるだろう。
2012/03/15 Thu. 02:22 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/266-7b281a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。