09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

休日 その1 

3連続12時間勤務が終了したので、2連休。
…まぁ、9日からまた長時間勤務が幕を開ける訳だが…

映画館行ったり、博物館行ったり、アニメ見たり、いろいろ。
混ざりすぎていて、自分でもよく判らないエントリになってしまっている(お
まずは「ストライクウィッチーズ劇場版 応援画集」(下)確保のための座席予約。
…そもそも、4/7の上映開始時間が11時とかになると無理なのだが…

何と、4/7は9:30から上映しているじゃないか!!
そういう訳で速攻で座席予約。ほぼ満席だった模様らしいが。
しかし、
 怖 い な 、 ス ト パ ン オ タ
普段ひきこもり気味の俺でも座席予約しに早起きして外出したし(お



で、そのまま大阪歴史博物館に直行。
特別展「日欧のサムライたち」が以前から気になっていたので、これを機に鑑賞。

いわゆる「プレートメイル」に分類される西洋甲冑(正確には脛部分などを簡略・軽量化した「四分の三甲冑(three-quarter armor)」だが)をあそこまで間近で見たことがなかったけど、確かに凄い!そして、あれを着用して戦場で実際に戦えた欧州の騎士・騎兵っていうのも化け物だな~。ただ、現在のNFL選手とかを見ているとそれくらい出来る奴はいるだろう、と納得も出来るけど。ネグロイドもそうだけど、コーカソイドもでかいのが多いから。
また、オーストリア・エッゲンベルク城の武器庫の写真が凄かった。ハルバードとマスケット銃がズラリ。対オスマン帝国防衛の最前線だけあって凄まじい物量。そして、あれがそのまま三十年戦争とかに使われたんだろうな、とか妄想力を逞しくしてみた。でも、
 テルシオ=槍衾
という表現にはちょっと違和感を覚えたが。

対する日本側の甲冑は繊細優美機動性にも富んでいそうだが、防御力ではやはり西洋甲冑に劣っていたような。そりゃ、下馬戦闘が前提の日本だと重量のある鎧は普及しづらいよな~。日本人の体格的にも、あと騎馬の体格面でも重量のある鎧は運用に難があったのだろう、とか勝手に妄想を逞しくしておいた。
ただ、着用者に関しては日本側の圧勝かも(^^;
後藤又兵衛・藤堂高虎・真田信幸・加藤嘉明・脇坂安治など錚々たる顔ぶれ。
ただ、気になったのは長身だとされている信幸や高虎の甲冑が他の甲冑と大してサイズが違わない点だが。どちらも脚が長かったから、上半身はさほど大きくなかったか、あるいは痩身だったのか。よく判らないけど。まぁ、何にせよ
 「大てんぐ」(十匁二分 全長2m超)がデカすぎ
てびっくりしたが。
 

で、そうやって思う存分ハァハァした後に、帰宅してから「FE覚醒」のPVを鑑賞。

「ダブル」とか「デュアル」とか、経験値配分的にどうよ?と思うけど、興味深いね。
ただ、結婚システムに関しては、
いろいろ大丈夫か、インテリジェントシステムズ?
と言いたくなるけど。…でも、「聖戦の系譜」も似たようなものだったかな(^^; 主人公に声が入るのは正直不安だったけど(「蒼炎」「暁」のアイクやミカヤは非常に良かった)、さすが杉田先生。主人公クロム王子はいままでにいなかったタイプに見えるけど、楽しみ。…ここだけの話、俺はヒーニアス王子に一番近い気がする(お

そして、マイユニット全ての異性ユニットとも婚姻可能らしい。
いろいろと、イケナイ遊びも出来そうなシステムだぜ…

【結論】
 インテリジェントシステムズより、カレリヤの脳内妄想の方がヤバい
2012/04/05 Thu. 21:14 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/297-eee56451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。