09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

『銃・病原菌・鉄』上・下 読了 

『銃・病原菌・鉄』上・下(J.ダイアモンド/倉骨彰・草思社文庫)
guns germs steel01guns germs steel02
著者の専門分野(進化生物学)についての見解については大いに感心させられた。
ただ、怪しい部分も相当ある。
著者がニューギニア人との関わりの中で思い立った、「なぜヨーロッパ人がニューギニア人を征服し、ニューギニア人がヨーロッパ人を征服することにならなかったのか?」という疑問について、著者なりの一つの答えを提示した内容になっている。つまり、
 文化・技術の進歩は、人種・民族ではなく、地理的要因に起因する
という内容である。
環境決定論はあまり好きではないのだが、歴史上の事象を説明する上での一つのファクターになり得るのは間違いない。食料生産を早くから行っている集団はより早く人口稠密な都市部を形成しやすく、また大型動物の家畜化が可能であればそれらを労働力として使役することで耕作面積が増し、ますます人口を増大させる。また、大きな人口を持つ社会ほど、余剰生産物により専門職を養いやすく、様々な発明が行われやすく、それらの技術を実用化しやすい
また、家畜は疫病の温床であり、稠密な人口を持つ集団でなければ疫病は流行し得ない。ただ、一定規模人口を有する集団であれば、構成員が全て疫病に倒れる前に疫病に対する耐性を獲得できる、という理屈である。そして、その食料生産のスタートラインについては、各大陸に生息していた栽培化・家畜化可能な動植物の数に依存するもので、ユーラシアで起こった文明が、他の大陸の文明に対して優位に立てたのは、ユーラシア大陸には栽培化・家畜化可能な原種が多かったと説明している。また、これは、漸進的に狩猟技術を発達させてきたユーラシア大陸においては家畜化可能な大型哺乳類が旧石器時代に「狩り尽くされなかった」ことに起因する。逆に、旧石器時代末期にユーラシアで洗練された狩猟技術を有する集団が、動物たちに適応の暇をあたえず「狩り尽くしてしまった」と説明している。
また、技術は近似した環境に伝播しやすく、南北に長い陸塊では技術が伝播しにくいユーラシア大陸は東西に長い陸塊で、比較的起伏に乏しいことから、比較的短時間で「肥沃な三日月地帯」で誕生した農業技術が伝播していったとしている。確かに、歴史時代以前の事象については無理なく説明できていると思える。

また、「優れた技術が必ずしも受容される」としている訳ではない。清朝中期以降の中国文明の零落について説明できていない、という見解もあるかもしれないが、現在の中共が近代兵装を買い漁り、近代的な海上・航空兵力を整備している状況を見れば、結局優れた技術を受容することで中国文明が変質したと結論できる

ただ、本書にも相当怪しい部分がある
文化人類学や進化生物学の知識は皆無である為、その適否は判断しかねる。ただ、日本の鎖国期における火砲技術の後退・停滞については、純粋に社会情勢の変化だと思うのだが… 著者はかなり勘違いをしている。歴史学者ではないので致し方ない部分もあるのだろうが、参考にする際には注意を要するかも知れない。

批判だけではフェアではないので、該当部分(下巻p90 第13章「必要は説明の母」)を引用してみよう。
ところが、日本には銃火器の受け容れに抵抗する社会的土壌もあった。日本の武士には多数の階級があり、サムライにとって刀は自分たちの階級の象徴であるとともに芸術品であった(低い階級の人々を服従させる手段でもあった)。サムライたちは、戦場で名乗りを上げ、一騎打ちを繰り広げることに誇りを持っていた。しかし、そうした伝統にのっとって戦う武士は、銃を撃つ足軽たちの恰好の餌食になってしまった。
引用終わり
多少でも、戦国・織豊期に関する知識があれば、違和感を覚えるはずだ。
日本ではもともと、「名乗りを上げて、一騎打ちを繰り広げ」ていた平安末の武士たちであっても弓矢を積極的に利用していたから、遠距離兵器をことさら否定するような土壌は存在しない。特に西国大名たちの発給した文章では鉄砲が非常に重視されているし、長宗我部氏などでは士分の者であっても鉄砲技術を習得するように命じられていたことが判っている。他にも、多くの上級武士が武芸の一つとして「砲術」を身につけているので、著者の説明は明らかに誤っていると断言できる。

ひょっとしたら、各分野について詳しい人ならより詳細に批評を加えることが出来るのかも知れないが、私の知見ではこれが限界である。学術書としての正確性はイマイチなのかもしれないが、概説書として読む分には充分に興味深い内容である。


※追記
他にも、著書の日本関連の知識が相当怪しいと思わせるものがある。
『銃・病原菌」鉄』には増補版がある様で、これは2012年刊行の文庫版には収録されていない。ただ、翻訳家の山形浩生氏がこれを翻訳し、HPに掲載している。これについても、著者の明らかな知識の誤りについて引用したい。
その後 35 年にわたり、日本の占領軍は朝鮮文化を根絶して、学校で朝鮮語のかわりに日本語を教えようとした。朝鮮人一家は日本で何世代も暮らしても、いまだになかなか日本国籍を取得できない。日本の「鼻塚」は、いまでも 16 世紀に日本が朝鮮を侵略したときに勲章がわりに持ち帰られた朝鮮人二万人の鼻を収めている。無理もないことだが、日本人に対する嫌悪は朝鮮では一般的だし、朝鮮人に対する蔑視も日本では広まっている。

一見すると専門的な考古学的論争がいかに感情的な議論を巻き起こすかという一例として、日本の有史以前の遺物として最も有名なものを見てみよう。AD5世紀の江田船山の剣だ。これは国宝に指定され、現在は東京国立博物館に収蔵されている。鉄剣に銀がかぶせられて、そこに漢字で銘文が刻まれており、大王とその家臣、そして張安という朝鮮人書記が登場している。漢字の何文字かは不完全か錆びているか欠落しており、推測するしかない。日本の学者は伝統的に、欠落した漢字について、それが 8 世紀の日本の年代記に登場する美しい歯の瑞歯別尊なのだと解釈してきた1。だが 1966 年に韓国の歴史家Kim Sokhyongが、欠落した文字のなまえが実は朝鮮(百済)の蓋鹵王 (King Kaero) だと示唆して、名前の出ている家臣は実は当時日本の一部を占拠していた朝鮮人領臣だと主張したことで、日本の学者たちに衝撃を与えた。何が「古来の正当な秩序の回復 (the restoration of the legitimate arrangement of antiquity)」なのだろうか?
引用終わり
…酷いとしか言いようがない。そもそも、日本への稲作技術の伝播はは朝鮮半島を経由していないことは常識と言える。これは考古学的に明らかで、いまどき朝鮮半島南部→九州北部の伝播ルートはほぼ否定されている(韓国で出土する炭化米が日本で出土するものよりも明らかに新しい。また遺伝子も一致しない)。
また、古墳時代当時、日本の倭人政権が半島南部に植民していた(あるいは影響下においていた)ことは、中国の史書(『宋書』など)からも明らかなのだが…。もちろん、中国の史書は偏向に満ちているのでそのまま信用は出来ない。ただ、それを明快に否定しうる材料無しにこう書くのはどうだろうか。
また、日本は1910年の韓国併合時代に朝鮮語の使用を禁止したという事実はない(朝鮮語を科目として定めている)。また、ハングルの識字率は占領中に10%程度から60%程度にまで上昇している。日本の韓国併合を正当化するつもりはないが、朝鮮語を奪った、というのは明らかに虚偽ではないだろうか。
また、日本では韓国・朝鮮人は帰化を望めば、条件さえ満たせば帰化できる。「帰化できない」のではなく「帰化しようとしない」だけであるのだが…。このへん、やはり生物学者ではあっても、歴史学などの人文学系統の知識は相当怪しい、と言わざるを得ない
2012/04/06 Fri. 15:47 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/300-2e1a9b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。