03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

今日の散財 

あれ?俺はアルターお姉ちゃんの予約に日本橋に行ったはずなのに…
そのほか、bk1からの着弾物とか。
…やっぱ、もう予約は出来なかったか。
土曜日にヨドバシで探すしかないか~
 出勤前に確保 → 自宅に移送 → 出勤
というアクロバティックな一日になるのか… やはり予約しておくべきだったか(-_-;

「買わない」という選択肢がないのか?自分

「坂本美緒 零式艦上戦闘脚二二型甲(Alter)
alter mio sakamoto
もうAmazonやらヤフオクやらでプレミアム化しているのを、7000円で購入。
…それでも、ちゃんと予約しておけばもうちょい安く買えたよな~
眼帯ver.と魔眼ver.を選択可だけど、もっさんは魔眼無し+髪下ろした状態が最強(え

「翼コレクション2 隼II型」(童友社)
tubasa collection2 hayabusa
単品で315円で購入。
しかし、第7弾の隼セットは再販されないのかな~。

『アクセル・ワールド11 超硬の狼(川原礫・電撃文庫)
accel world11
アニメも始まってノリノリのシリーズ。
読んでも良いんだけど、またすごい生殺し状態で放置されるかと思うと(^^;

『苻堅と王猛 不世出の名君と臥竜の軍師(小前亮・詳伝社文庫)
fuken oumou
「王道の樹」から改題の上、文庫化。
…誰だ、改題させた奴。センスの欠片もないネーミングだな(-_-;
慕容垂の亡命あたりまで読んだけど、大まかな歴史の流れを知っているので王猛の考えが正しいことは判るのだが、あくまで結果論だよな~。作者は苻堅をことさら美化して描写しておらず、むしろ批判的に描写しているフシもある。こういうスタンスは良いな~。個人的には、為政者として甘すぎた苻堅は「未完の名君」であると思っているけど、この作品を読んでいると苻堅を応援したくなるのが不思議だ。

『風の王国1 落日の渤海(平谷美樹・ハルキ文庫)
kazeno oukoku01
渤海は浪漫があるよな~
遣渤海使が歴史の教科書に取りあげられないのが不思議でならない。

『双界のアトモスフィア』(筧ミツル・富士見ファンタジア文庫)
atomosphere01
bk1購入の数合わせ、とか言っちゃダメ絶対。
2012/04/12 Thu. 22:54 | trackback: 0 | 本文: 2edit

この記事に対するコメント:

>アクセル・ワールド11
全然読めていません(^^;
『苻堅と王猛』とか『巨人たちの星』とか読めてないのが多すぎて
GWになればいろいろ捗ると信じたいのですが、そもそもGWの休日予定が発表されていない件。…いい加減にして欲しいですよ、うちの会社は

>「王道の樹」
明らかに単行本のタイトルの方が格好いいですね。
昔、斎藤道三を題材にした岩井三四二の『簒奪者』という歴史小説がありました。応募作から単行本が発行されたのですが、その後シリーズ化したということで喜んだのですが、タイトルが『斎藤道三 兵は詭道なり』という非常に微妙なタイトルに変更されちゃっていたという苦い想い出が頭をかすめました。

>「苻堅と王猛」
襄陽攻防戦まで来ました。朱序が降伏するのを知っているので感動半減ですよ(お
いや、面白いですね。
苻堅は明らかに駄目な君主でしょう。作中でもいろんな人物が示唆しているとおり、苻堅自身が強烈な民族差別主義者ですし、あまりに人を疑うことを知らなすぎます(これが最晩年に反転して暴君化する訳ですが…)。こういう人物が自国の指導者になる… と考えるとちょっと勘弁して欲しいですね。まぁ、我が国は
 「無能で嘘つきの苻堅」=鳩山由紀夫
が政権を握った国ですので(-_-;
ただ、一個人として見た場合、やはり苻堅には抗いがたい魅力があります。王猛も、鄧羌も、慕容垂もやはり苻堅が大好きなのだ、と考えると、やはり苻堅はただの夢想家ではなく、こういった傑物たちを「その気」にさせる偉大な皇帝だった、とも評価できる気もします。
…が、姚萇の評価がメタクソでちょっと可哀相になってきました。まぁ、評価できる面についても書いてあるんですけど、もう少し度量のある人物だったと思います。まぁ、憎まれ役というか損な役回りということなのでしょうかね。

カレリヤ #- | URL | 2012/04/14 01:44 * edit *

>アクセルワールド11
あれ・・・・やっと追いついたと思ったら出ていたのですか。
急いで注文しなければ^^;

>符堅と王莽
タイトル改変の方向が変すぎます。
内容的には「王道の樹」のほうがいいと思うのですけどね。
作品内容からしても著者は符堅を決してべた褒めはしておらず、まずいところはまずいと描写していますし、そのあたりのバランスはこの作品の醍醐味です。

不世出の名君言うタイトルは・・・作品の終わりかたらかしても、符堅のキャラ的にも会わない気がするんですよね。
基本、符堅は善人として書かれてはいますが、終盤はあんまりすぎて、符融が気の毒で仕方がありませんでした(つД`)

雪翡翠 #leF2ecbc | URL | 2012/04/13 22:44 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/308-922381a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。