05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

「世界樹の迷宮II 諸王の聖杯」ぼちぼちプレイ その3 

あれ、何かラスボス倒せたみたいだよ?
休みの日に延々ボス狩りやってたからな~。
ゲーム内の日数やコストパフォーマンスより、現実の時間の方が大事 と再認識(お

で、各階層の雑感
【3階層】
FOEが洒落にならないくらい強くて、ここからボス狩りツアーを開始
 ボスにバックアタックレアドロップ獲得→資金に物を言わせて装備確保
そういう訳で、キマイラ炎の魔人には何度も死んで貰った。
レア素材を確保するために、パーティのサブメンバーとしてダークハンター(「ジエンド」=即死技要員)とカースメーカー(毒化要員)を加え、ガンガンレベルを上げる。真っ向勝負で魔界の邪竜をぶっ殺せるレベル(Lv60弱)になったので迷宮探検も実にスムーズ。…これって、ゲームの主旨から離れている気がする(-_-;
ボスのアーテリンデ&ライシュッツは楽勝。てか、「挑発」でパラディンしか狙わない銃士は大した脅威じゃない。あと、スキュレー戦はさすがにやや苦戦したがそれでも「核熱の術式」連発でクリア。こいつはレアドロップ条件が「3ターン以内で倒す」なのでお得。ボス狩りツアーの新たな目玉に。

【4階層】
さっそく樹海の雷王を狩って、雷剣カレドヴールフを入手。が、このあたりからさすがにパラディンの攻撃が命中しなくなってきた。また、アルケミストも単体弱術式のみでは苦しくなってきたので、一挙にスキルポイントを注ぎ込んで強化(パラディンはAGI5、アルケミストは全体攻撃術式取得)。途中に居座る永劫の玄王災いの巨神を皆殺しにしてからフロアを探索した方が効率的だと悟った(お
恐らく、本来は
 「プレイヤーの智慧と機転で困難な局面を打破する」
のがこのゲームの主旨だと思われる(お
階層ボスのパルピュイアは耐久力に欠け打たれ弱いので大した脅威ではない。が、初対戦で勝利した後になぜかメディックちゃんが息をしていなかったが… ただ、高い経験値を得られる割りにはサックリ狩れるのが素晴らしい。特に居合いブシドーが得意とする「鎧抜け」が大ダメージなのが大きかった。全体攻撃に耐えられるなら、効率よく稼げるボスだと言える。

【5階層】
このあたりから、
 下手なFOEよりも通常エンカウントで出現する敵の方が強い
気がしてきた。特に即死技連発してくるマンドレイクは何とかしてくれ
そして、極めつけは23F FOE湧きすぎだろ、このフロア(-_-;
何とか、その猛攻をかいくぐって… いけない。緋緋色の剣兵強すぎ。先制攻撃で「殺戮の光刃」された時の絶望感は筆舌に尽くしがたい。全力で戦わないと勝てない! で、運が良ければ勝てるんだけど、宿に戻って回復して再挑戦すると平然と復活しとる( ゚д゚)ポカーン
そこで作戦変更。
 ありったけの回復アイテムを持ってフロアに侵入
   ↓
 常に最大火力でFOEを殲滅。全滅したらマップデータ保存を繰り返す
   ↓
 フロアマップが完成
   ↓
 FOEを避けながらフロアボスのもとに
これがあたって、何とか少ない戦闘回数でボスの目前まで行けるようになった。
が、そこで新たな絶望が待っていた、ジャガーノート強すぎ(-_-;
特に頭封じが発生する全体攻撃「王者の驀進」が発生すると、どうしようもない。メディックの回復力云々以前の問題。そもそも、多彩な攻撃手段を有しているので、サラマンドラ戦の様に「ファイアガード」で楽勝、とはいかない。この段階でプレイヤーのお脳が死にかけていたので、
 最後にパーティメンバーの誰かが立っていればいい!
と考え、メディックを外して短期決戦用の布陣に変更。
 ブシドー → ひたすら「細雪」
 パラディン → ひたすら「シールドスマイト」+「ネクタル」係
 ソードマン → ひたすら「ヘッドバッシュ」
 アルケミスト → ひたすら「核熱の術式」
 カースメーカー → ひたすら「ペイントレード」
これで3ターンで辛くもジャガーノート撃破。運良く「シールドスマイト」で腕縛り、「ヘッドバッシュ」で頭縛りが発生したのは大きかった。まぁ、最後に立っていたのはパラディンとソードマンだけだったが(お
てか、
 「世界樹の迷宮」は緊縛師多すぎ 
だな。どんだけ縛るのが好きなんだ?

【最終決戦】
奇しくも「幼年期の終わり」読了後にオーバーロードと戦うという胸熱展開。
秘蔵の回復アイテムを持ち出し、意気揚々と最後の戦いに赴いたが…
 オーバーロード、弱すぎ(^^;
早々に「シールドスマイト」で腕縛り、「ヘッドバッシュ」で頭縛りが発生したからかも知れないが攻撃に全く脅威を感じなかった。長期決戦を考え、メディックは常に「エリアヒール」連発を覚悟していたのだが、TP回復役はほぼ無使用でクリア… 最後はあっけなかったかも。
2011/05/25 Wed. 03:30 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/31-17144284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。