03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

ニュースの詰合 

凄く久々な「ニュースの詰合」でのお題は「オスプレイ」と「尖閣諸島」。
報道機関であれ、個人あれ誤報というか、ミスリードが目に余る
オスプレイ「安全性は実証されず」激しい飛行に問題
どうも、日本での報道は乱暴すぎる気がする。
意図的なのか無知なのかは判然としないが、空軍型のCV-22と海兵隊型のMV-22をごっちゃにしている気がする。確かにモロッコで墜落したのはMV-22だが、フロリダで墜落したのはCV-22のはず。仕様が違えば全く事故率が違うのだが、それを正しく伝えていない。
空軍型のCV-22は事故率が13.47と非常に高いのだが、MV-22は1.93
世界各国で運用されているCH-53(シースタリオン)の事故率が4.15なので、実はMV-22はそれほど危険な輸送機ではないのだ。ちなみに、日本に配備が計画されているのは海兵隊型のMV-22
この仕様の差異について言及しているのは主要報道機関では産経のみ。
論説委員長・中静敬一郎 オスプレイが日本を救う日
安全保障については頓珍漢な記事ばかりが目立つ産経としては、珍しくまともな内容。


で、このオスプレイ関連の情報を集めていたらアホ発見器Twitterで色々と。
https://twitter.com/magosaki_ukeru/
これで「外交の専門家」「安全保障の専門家」とは片腹痛い
何というか、前提としての安全保障・外交の知識が乏しすぎる。
これで外務省の情報局長が務まるというのだから驚かされる。著書『日米同盟の正体』もデタラメばかりであり、今日では新聞報道レベルだけでも明らかに誤った情報が多かったことが確認できる(尖閣諸島が安保条約の適用対象地域であるかについて。後にクリントン国務長官が条約の対象になることを繰り返し明言)。
ちなみに、Twitter上でもとても外交・安全保障の専門家と思えない発言が目立つ。

愛国者達:私宛の罵倒のtwitter多く寄せられていましたが「愛国者達よ:世界の首都で、外国軍による規制で、その国が自分の上空を自由に使用できない位に占領されている国を教えて下さい」と聞きましたが、静かで音無の構えです。どうされたのですか。
とあるが、そんなもの答えるまでもない。
 じゃ、中国とアメリカ、両方を敵に回して軍拡しますか?
と聞き返したいね。出来るわけがない。
正確には70年前にやろうとしたけど出来なかった。
俺は愛国者だし、もちろん外国の軍隊が日本国内をうろつく現状を是とするつもりはない。だが、現実問題として日本はアメリカと大陸勢力の両方を敵に回すことは出来ないのだ。それなら、アメリカと中共どちらの軍門に下るのか、ということになる。孫崎先生は中共が大好きみたいだけど、俺はアメリカの方が幾分なりともマシだと思うけどね。

「日本は沖縄から退くべき」中国軍少将がラジオで暴言 韓国紙報道
尖閣問題で「日本と一戦も辞さない」中国高官
正直、こんなに好戦的で物騒な国と付き合いたくない
各種報道機関への言論統制を考えると、これが中共政府の本音だと見て良いだろう。

他にも、
100年ほどのものを“固有”と呼べるか。14,5世紀の歴史的経緯、桑港講和条約での台湾放棄などから中国の主張に決して根拠がないわけでない.日本人にとって受け入れがたいかも知れないが尖閣諸島は”固有の島“でなく”係争地“であることを認識すべき。
など、そもそも領土問題についての外交的知識を持ち合わせているのかさえ疑わしくなる。
そもそも
 下関条約でも、後の日華平和条約でも尖閣諸島の帰属について言及していない
ことをよくよく考えればよい。
つまり、1950年代は尖閣諸島が日本領であることが国際常識だったと考えるべきだろう。そんな元・明時代の14世紀の版図を持ち出して議論し始めたら収拾がつかなくなることくらい少し考えれば判りそうなものだが。…あるいは判っていてやっているのだろうね。
2012/07/20 Fri. 01:23 | trackback: 0 | 本文: 2edit

この記事に対するコメント:

>尖閣=琉球王国
そういうこともあって
 「琉球王国は、かつて中国王朝の朝貢国だった」
とか言い出すのでしょうね。
ただ、あの時代の通商国家であった琉球は中国(明)にも、朝鮮にも、日本にも臣従の姿勢をとっています。ぶっちゃけ、表面上はそういう風にして相手国を「立て」ておかないと通商できませんから。そういう歴史的な経緯とか完全無視してくるでしょうね。領土問題とはそういうものですが、それが判っていない外務官僚がかつて日本にいた、というのが個人的にはショックです。

>14,5世紀
それこそ、日中平和友好条約(ポツダム宣言・8項)が破棄されれば、中国大陸の沿岸部の大半は20世紀には日本の軍事勢力圏内だった訳でして… そのへんのことも、さすがに判った上でいろいろと画策しているのでしょうね。そもそも、「尖閣棚上げ」からして、日本が圧倒的に有利だった1980年代くらいまでに領有を明らかにしておけば話はややこしくなかったのですが。

>テレビ出演
確かにそうですね。「愛国的」な言動をとっておかないと後々怖そうです。本心は別として

カレリヤ #- | URL | 2012/07/20 22:45 * edit *

そういえば、こんなニュースもありましたね。

明の上奏文「尖閣は琉球」明記 中国主張崩壊
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/577043/

あちら流に都合の良いところまで遡ってもよいのなら、元まで遡れば中国はモンゴルの領土のはずです。
というかあの国、いったいどれだけの回数、異民族に制圧されたことか・・・・
忘れてしまったのでしょうか?
中国はそれら全てに対して領土返還してあげなければなりませんね。
香港や満州も「返還」ですね。
一時的に支配していたのが根拠になるのなら、そんな難癖も中共流ならありです。
ようは、どれだけ厚顔無恥になれるか、その一点だけですから。


そういえば以前、テレビニュースのインタビューで日本に観光に来ていた中国人のおじいさんが尖閣問題について聞かれて「日本は中国の領土だったんだから尖閣が中国のものなのはあたりまえだ!」と、ご立腹でした。
他の中国人観光客も概ね「学校でそう教わったから」とかの答えでした。
その時はあまりのことに失笑しましたが、よくよく考えたらテレビに映っていますから、ああいうしかなかったのかもしれません。
尖閣問題でテレビで日本を支持する発言したら、何をされるか分からないですからね。
あの国は、そういう国です。

雪翡翠 #leF2ecbc | URL | 2012/07/20 21:10 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/389-53761d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。