08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

2013年度 春季アニメ まとめ 

個人的には、ここ数年でも一、二を争う豊作だったかも?
【来季継続組】

「宇宙兄弟」
職場で顧客と意思疎通を図るのに適した作品その1。
…主に良い意味で。
唯一の欠点はゆっくり過ぎること。うん、本当にゆっくりさんで困るんだよ(-_-;

「進撃の巨人」
職場で顧客と意思疎通を図るのに適した作品その2.
…主に悪い意味で。
いろいろと不自然さを感じる部分もあるが、惹かれるものがあるのは間違いない。
教科書通りのミカサさんのイカレ具合がツボ。憲兵団はエレンよりもこいつを拘束するべき。
あと、ピクシス司令。

「とある科学の超電磁砲S」
「妹達編」だけで1クールー+αは辛かったのか、やや間延びした感はあるが十分な良作
エピソードの性質上、初春や佐天さんはもちろん、黒子も出番が少ないのがやや残念。

「宇宙戦艦ヤマト2199」
ヤマトの乗組員に「華」がありすぎて、どうもかつてのイメージとは一致しない。面白いけど。
乗組員たちの出身地が設定されているあたり、ノリが戦前すぎる。
ちなみに、俺の同郷人こんなの
…まぁ、アレだ。異彩を放っていることは認めるが、石田三成以来こういうイメージなのかね(-_-;


【今季終了組】

「翠星のガルガンティア」
個人的には春季アニメでは最高評価の作品
設定や物語の破綻が少なく、登場人物の対比が非常に巧みだったといえる。
設定を生かし切れたかといわれると微妙な部分もあるが… ちょっとハードル高すぎ?
ただ、BOX購入は確定済み。
最終回はレド少尉も、チェインバーにも見せ場があって本当に印象深かった。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」
悪い作品じゃなかったけど、完結しきらなかったのはちょっと残念
BOXが出たら購入しよう。それで未放映エピソード(最終話)も見られると思うし。
嫁は「地味子=腹黒」説
個人的には、「地味子=甘えさせてくれる魔性の女」説
でも、バジーナさん以外では数少ない、情緒の安定したキャラクターだと思うんだがなぁ~

「はたらく魔王さま!」
何事もなかったかのように終了。
大きなインパクトもなかったけど、見ていて愉快な気分になtったのは事実。
ただ、ヒロインたちが顔芸要員すぎて、ちょっと不憫だったりした。とくに勇者様。


【視聴断念組】

「革命機ヴァルヴレイヴ」
先の展開が読めない。…非常によくない意味で、だが。
登場人物たちの言動が突拍子すぎて、どうしようもない。
「ガンダムSEED」がよく引き合いに出されるが、SEEDはまだ理解できる範疇に収まっていた気がする。少なくとも、俺はSEEDを許容できる程度には寛容。DESTINYはちょっと厳しかったが。しかし、この作品はそれの比ではない。ありとあらゆる意味で雑すぎて、もう見ていて痛々しかったり、いたたまれなくなったりする。
もっと言うなら、視聴者にSAN値チェックが要求されている。どうよ、これ?
唯一、評価できるのは戦闘シーンとED。
…そのEDが速攻差し替えられたので、もう見る価値のない作品になってしまった。
え、分割2クールー? ははは、ご冗談を  ハァ?( ゚Д゚)

「聖闘士星矢Ω」
もうちょっと頑張ってほしかったんだけどな~
結局、一級パラサイトさんとかが出てきた段階で、もう視聴する気力が萎えてしまった。

「RDG レッドデータガール」
原作に忠実にアニメ化してみたら、退屈になっちゃった例か?
個人的には「勾玉」シリーズをアニメ化したほうが売れる気がする。特に「白鳥異聞」。
2013/07/09 Tue. 03:32 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/490-cbad4b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。