07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

season2103 week01 

既に開幕から1週間以上が経過…
このままだと結局放置しそうなので、今シーズンはまたレビューを書いてみよう。

CIN 21 - 24 CHI

DETと並ぶ最強のDLを擁するCIN
苦戦が予想されていたが、観戦しているかぎり、予想以上の大苦戦だった。
お互い強力な守備を擁するだけに、地上戦は不発。
勝負を分けたのは空中戦だったが、脅威だったのはCINのレシーバー陣

WRグリーンは恐るべきレシーバーだと感じた。
マッチアップしたCBティルマンが老獪に立ち回って2INTを奪ったが、うち一回は完全にグリーンにぶち抜かれてしまっており、QBダルトンのパス次第では逆にロングゲインを許してしまった危険性もある。ドライブによっては完全に出し抜かれてしまうこともあり、個人的にはメガトロン・ボールディン級のレシーバーだと感じた。
また、TEにも人材がそろっており、TEグレシャムTEアイファートは単発タックルだとまず止められない。場合によってはLB・DBが最大5人がかりで引きずり倒しているような状況だったので、こうした巨人系TEのケアの難しさを感じさせてくれた。

ただ、LBアンダーソンのパスカバーはまずまず。CBジェニングスも体格のミスマッチを衝かれることがあったものの、2FFと活躍。巨人系TEたちへのタックルに手を焼く中、Sコンティは一発で止めるシーンも目立つなど、ディフェンスはそこそこ。2Q~3Qは全く相手オフェンスを止められずに見ていて非常に憂鬱だった。というか、勝てる気がしなかった(-_-;

TDを上げた、WRマーシャルTEベネットRBフォルテなども賞讃されるべきかもしれないが、一番のMVPはサックを全く許さなかったOLかもしれない。OGロングはプレシーズン中から評価が高かったが、OTミルズもかなり能力が高い。ドラフト中下位指名だと考えれば、相当の拾い物だったといえる。ある意味、試合を決定づけたのもこいつだったし。OTバシュロッドもまずまず。比べちゃだめなのだろうけど、OTウェッブとは安定感がダンチ。

敢えて残念な点を挙げればパスラッシュがやや大人しかったことか。
week2はあと半日でキックオフだが、ここできっちり勝てればいいシーズンを送れそう。
2013/09/15 Sun. 15:34 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/507-f41272fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。