09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

地下教会

俺は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った… まま潜伏中orz

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | 本文: -- | edit

今日の散財 ライトノベル/リプレイ編 

たまりまくっていたのをようやく更新。
『ブラック・ブレット7 世界変革の弾丸(神崎紫電・電撃文庫)
black bullet07
読了。アニメはそこそこの再現度かな?
ただ、これは原作ストック全部は使わない漢字?

『ストライク・ザ・ブラッド10 冥き神王の花嫁(三雲岳斗・電撃文庫)
strike the blood10
読了。眷獣が過半数を超えたぞ~!
そして、アスタルテさんがだんだん不憫になってきた。

『アクセル・ワールド16-白雪姫の微睡-(川原礫・電撃文庫)
accel world16
読了。加速研究会の会長の正体が明らかにっ!! て、意外でも何でもないか(-_-;
それ以前に、正ヒロインはもうツンデレ大天使様で良いんじゃない?

『ソードアート・オンライン14 アリシゼーション・ユナイティング(川原礫・電撃文庫)
sword online14
読了。「アリシゼーション編」ひとまず、落ち着いた?
ユージオの扱いとかアリスちゃんについては、何というか「逃げた」感があるね。

『ミス・ファーブルの蟲ノ荒園2』(物草純平・電撃文庫)
fabre02.jpg
未読。さて、まず1巻を探そうか?

『非公認魔法少女 まいんカタストロフ』(奇水・電撃文庫)
main catastrophe
読んでる途中。
メタ表現が多いけど、それを受け入れられるかが楽しめるポイントか。

『とある飛空士への誓約5』(犬村小六・ガガガ文庫)
seiyaku05.gif
読了。クレアさん&イグナシオ再登場。イグナシオのツンデレぶりは相変わらず。
ツンデレ機長とキャラが被るかと思ったけど、バルタさんの方が二枚目半的な要素が強いかも。
そして、あのトカゲ看守が意外と紳士的な件。可能性としては、
 1.「秋津猿のメスなどに欲情するか!」という、狂信的なセントヴォルト至上主義者
 2.「新任少尉ごとき小娘に欲情するか!」という、熟女マニア
 3.「新任少尉ごときババアに欲情するか!」という、生粋のロリコン
 4.「結婚までは純潔を守らなくては!」という、敬虔な聖アルディスタ信者
4.なら萌える(お

『千の魔剣と盾の乙女13』(川口士・一迅社文庫)
thousand aegis13
全15巻予定に変更らしい。
「魔弾の王と戦姫」より、こっちの方がアニメ化しやすいと思うけどな~

『東京レイヴンズEX2』(あざの耕平・富士見ファンタジア文庫)
tokyo ravens ex2
読了。夏目ちゃんの男子寮入りはさすがに本家が了承していたわけではなかったのね。
大友先生も良かったけど、木暮祓魔官の学生時代というのは想像以上だった。
そして、エピローグ…

『ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート3(鈴木貴昭・角川スニーカー文庫)
strike witches africa03
読めてないな~
これも2巻の発掘から手を付けないといけない。

『カンピオーネ!XVI 英雄達の鼓動(丈月城・集英社SD文庫)
campione16.jpg
読めてないけど、来週中には読めそう。

『黒鋼の魔紋修復士9』(嬉野秋彦・ファミ通文庫)
hiera-glaphicos09.jpg
読めてないけど、そのうち読む。

『ルガルギガム 上 黄昏の女神と廃墟の都
『ルガルギガム 下 運命の<王>と帰還の門(稲葉義明・ファミ通文庫)
lugal gigam01lugal gigam02
期待しているけど、後回し状態に。

ソード・ワールド2.0リプレイ from USA11
『蛮勇再臨-ガッデムアゲイン-(ベーテ・有理・黒崎/グループSNE・富士見ドラゴンブック)
sw2.0 replay usa11
読了。デブネタは賛否が分かれたかな?
ウィストって「ダメ夫製造機」という機がするな。ある意味、理想の嫁さん。

ソード・ワールド2.0リプレイ
『三眼のサーペント』上・下(清松みゆき/グループSNE・富士見ドラゴンブック)
sw2.0 replay serpent03sw2.0 replay serpent04
読了。相変わらずのバーリトゥード。
このレベル帯になると「殺るか殺られるか」になってしまうのは仕方ない。
…が、1.0のゲームデザイナーとして、チクリチクリと皮肉めいた表現も散見されるような。
2014/04/20 Sun. 14:38 | trackback: 0 | 本文: 0edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿
Secret

トラックバック:
トラックバック URL
→http://catacomb2011.blog.fc2.com/tb.php/550-bcb16ed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。